自社の売り込みは電話代行業者にお任せしよう!

  1. ホーム
  2. 効果をシミュレーション

効果をシミュレーション

男の人

経営的視点と業務的視点

ワークフローを導入することは効率化や作業スピードの改善に大きな効果をもたらします。しかし導入をしてもその効果を得られず失敗するケースも少なくないのです。ワークフローシステムは、具体的なメリットや狙いを定めて導入しないと利用者からの不満が募るだけのシステムになってしまうのです。経営層や開発者の独りよがりにならないように設計、開発しなければならないのです。その視点で注意しなければならないのは、全体最適で業務を見直すことです。特定の部署内の利便性を向上することを目的としたり、部分最適化などを要求すると会社全体での効率化が逆に落ちることもあります。全体最適を常に視野に入れて設計することが大事なポイントなのです。更に改善効果を見極めることです。導入するとメリットが生じます。そのメリットの度合いをきちんとシミュレーションすることが大事なポイントになります。ワークフローを導入しても紙媒体での申請が残るなどのフローにしている会社があります。これでは単に二重工数になるだけです。そのため、ワークフロー一本化にしないと効率的な結果を得ることができないのです。ワークフローを導入する際には、経営課題改善と現状業務改善の軸で考えることが大事です。経営視点だけや業務視点だけでみるとコスト的に改善されないなどのリスクが生じるのです。そのため、二つの視点で同時に解決することをビジョンとして進めることが必要になります。